2020年登場するかもしれないDJIのドローン

自作ドローン

今から書くことは、技術箱が勝手に予想したり、ネットから得た情報を見て思ったことを書いただけなので、ご了承ください。

リークの詳細は、DJIの今後のドローンについて同じ仕様のシリーズを共有しているさまざまなソースからのものです。

MAVIC3Pro

https://dronedj.com/guides/dji-mavic-3/より引用

カメラ画質の向上

レンズ、センサー、圧縮チップ共に2Proからの改善がみられると思われます。

最初は、DJIが1月末にDJI Mavic 3をリリースする予定であると通知されましたが、

もはやそうではないようです。

Autel EVO2の仕様は、DJIにかなりの衝撃を与えたようです。

AutelはDJI Mavic 2ドローンに対抗できる仕様を持つ新しいEVO IIシリーズを発売しました。

8K映像の撮影可能?1月末に発売予定のAutel Robotics社の『Autel EVO2』のリーク情報が公開 | DroneWiki
Autel Robotics社が今月末アメリカ合衆国で発売予定の『Autel EVO2』の追加情報がリークされました。11月には8Kビデオ搭載との噂もありましたが、実際はどうなのでしょうか?『Autel EVO2』の主な特徴は以下になります。

こちらのように、Mavic2Proと似たような形で、8Kの動画撮影ができてしまいます。

EVO IIの発売により、DJIは競合するために仕様を改善する必要があるため、

DJIがDJI Mavic 3 Proの発売を遅らせる可能性があります。

新しいDJI Mavic Mini  (DJI  または  Amazon)専用のFacebookグループで  、

  DJIの最新のmavic mini内部を示す写真が共有されました。

この小さなドローン見ると、DJIが重量を249グラムに減らした長さがわかるので、確かに興味深いです。

https://dronedj.com/guides/dji-mavic-3/より引用

ただし、これらの写真には手がかりも含まれています。

写真の1つはMavic Mini内のAmbarellaプロセッサを示しており、

2020年1月にリリースされる予定の非常に人気のあるMavic 2 Proの後継であるmavic3Proにとって非常に有望です。

この記事は、DJI Mavic MiniおよびDJI Mavic 2 Pro内のプロセッサーを示す新しい写真で更新されました。

https://dronedj.com/2019/11/27/ambarella-processor-dji-mavic-mini-mavic-3-pro/ より引用

上の写真は、Mavic Miniに搭載されたAmbarella製プロセッサチップを示しています。

2018年8月にDJI Mavic 2 Proがリリースされて間もなく、4Kビデオ映像が予想したほど良くなかったという最初の報告が出ました。

実際、新しい折りたたみ式Mavicは、Phantom 4 Proで得られる4Kビデオ品質とは一致しませんでした。

https://dronedj.com/2019/11/27/ambarella-processor-dji-mavic-mini-mavic-3-pro/ より引用

上の写真から、Mavic2Proには Ambarella製以外のプロセッサチップ が使われていることがわかります。

これが多くのドローン愛好家にとって失望だったと言う意見もあったようです。

多くのプロのユーザーは、DJIの次世代Mavicドローンを楽しみにしていました。

ハッセルブラッドの1インチセンサーとカラーサイエンスがあることを知ったとき、期待は高かったらしいです。

そして、DJI Mavic 2 Proで撮ることのできる写真は確かに非常に優れていますが、

4Kビデオの品質は人々が期待したものではありませんでした。

DroneDJによると、本当の原因はセンサーではなくプロセッサーであるらしいです。

どうやら、DJIはDJI Mavic 2 ProにAmbarellaセンサーを使用しないことを決めていたようです。

代わりに、無人機メーカーは、より安価なノーブランドのプロセッサーを探しました。

DJIは、ビデオの品質が期待どおりではないことに気付いたとき、それを改善する方法を思いついた。

これらのことからMavic3では大幅な画質の向上が見られると思われます。

ここからは技術箱の勝手な予想ですが、

過去にDJIはPhantom4ProでAmbarellaのH1チップを搭載していて、同じであろうIMX183を搭載しているのにMavicのほうが画質が悪いです。

そしてアメリカのAutelRobotics社がEvo2という8K撮影が可能なドローンをはぴょうしました。

こちらにはAmbarellaのH2チップが搭載されています。

そのためMavic3にはAmbarellaのH3チップが搭載されるのではないかと技術箱(筆者)は予想しています。

自動帰還機能

微博搜索

より引用

Mavic3では、さらなる自動帰還機能の向上がみられるという情報があります。

OcuSync 3.0

Mavic 3は「OcuSync 3.0」が搭載されるのではないかと予想されています.

現状では「OcuSync 2.0」ありますが、さらに途切れにくく、伝送距離の向上や、伝送画質の向上があるようです。

Active Track3.0

「Active Track3.0」で、さらに自動で撮影してくれる機能が追加になるかもしれません。

MAVIC3ZOOM

今のところ、詳しいリーク情報はありません。

Inspire3

https://dronedj.com/2018/03/02/rumors-dji-inspire-3-zenmuse-x6-x7s-and-x8/ より引用

今朝は、噂のDJI Inspire 3の新しい図面と、X6、X7s、X8を搭載したZenmuseカメラの拡張に目が覚めました。

Inspire 3は今年の終わりごろに導入される予定で、カメラも同じ発表の一部になると思われます。

DJI Inspireドローンとカメラは、プロのドローン市場向けで、Inspire 2の価格は2,999ドルからですが、高品質のカメラとレンズを追加すれば、簡単に10,000ドルに達することができます。

DJI Inspire Cinema Premium Comboパッケージは、目を見張る$ 20,179で最高です。

今後のInspire 3の価格は同じ範囲(さらに高い場合もある)になると予想しています。

2018年のDJI用の多くの新しいドローン

2018年は、DJIにとって非常に忙しい年になると約束されており、ドローンのラインアップ全体に新製品が期待されています。

この年は、新しくて非常に好評のDJI Mavic Airの発売から始まりました。

最近、この春の早い時期にSpark 2Mavic Pro II(またはMavic Pro 2?)の発売の可能性について噂が激化しています。

今年後半の新しいPhantom 5と11月の新しいInspire 3。

これらすべての新しいドローンが2018年に市場に投入されると、

これは発売された新製品の点でDJIにとって最も忙しい年になることが証明されるかもしれません。

DJI Inspire 3の最新の図面

新しいDJI製品の初期のうわさはほぼすべてtwitterアカウント  @OsitaLVで始まり

DJIが意図的に情報を漏らしていると信じる人もいます。

これが真実かどうかはわかりませんがOsitaLVの図面が過去に非常に正確だったことです。

それでは、DJI Inspire 3の最新の図面を見てみましょう。

https://moulion.com/inspire3/ より引用

↑の画像はどう見てもおかしいですよね。

前方に障害物センサーがないですし、最近のDJI製品はどれも非光沢です。

DJI Inspire 3の図面は、現在のInspire 2と非常によく似たフォームファクターを示しています。

Inspire 3に後部障害物回避センサーまたはAPASが搭載されるかどうかに関する新しい情報はありません。

今回取得するすべての情報は、ドローンの写真/ビデオの仕様に焦点を当てていますが、

画質と処理能力の点でInspire 2から大幅に向上しています。

4K @ 60fpsまたはHD @ 120fpsに関する情報はありません。

写真/ビデオの仕様は次のとおりです。

  • 8Kビデオ@ 30fps
  • CinemaDNG
  • 6Kビデオ@ 30fps
  • Apple ProRes
  • H.265 / H.264 @ 200Mbps
  • UHS-II
  • 3DLut
  • D-Gamut
  • D-Log
  • 3DNR(3Dノイズリダクション)
  • PIV(粒子画像流速測定)
  • 20 fps連続バースト
  • IVVMe SSD
  • PCIe 3.0 / 4.0
  • EIモード
  • exFAT
https://dronedj.com/2018/03/02/rumors-dji-inspire-3-zenmuse-x6-x7s-and-x8/ より引用

Inspire 3のフライト仕様

https://dronedj.com/2018/03/02/rumors-dji-inspire-3-zenmuse-x6-x7s-and-x8/ より引用
  • プロペラモデル:1760T(I2で1550T)
  • モーターモデル:3515(I2の3512)
  • 最高速度:120 km / h
  • 最大上昇速度:8 m / s
  • 最大降下率:10 m / s
  • 最大離陸重量:5,000グラム
  • 風の抵抗:12 m / s
  • 最大飛行時間:Zenmuse X6で27分、X7sで25分

新しいZenmuse X6、X7s、およびX8カメラ

https://dronedj.com/2018/03/02/rumors-dji-inspire-3-zenmuse-x6-x7s-and-x8/ より引用

図面には、まったく新しいZenmuseカメラ製品ラインに関する情報も含まれており、新しいX6は現在のX5に非常によく似ており、噂のX7は現在のX7の 14EVではなく15EVの改善されたダイナミックレンジを提供しているようです。

Zenmuse X8は、40MPフルフレームセンサーを備えた独自のクラスになります。

Zenmuse X7カメラとレンズで行ったように、DJIがX8に独自のレンズを導入する場合、情報は提供されませんでした。

OsitaLVが提供する情報は次のとおりです。

Zenmuse X6

  • CMOS:M4 / 3 – 20MP
  • 記録形式:5.2K CinemaDNGおよび4K Apple Prores
  • レンズマウント:MFTマウント
  • 重量:370グラム
  • ダイナミックレンジ:12.8 EV

Zenmuse X7s

  • CMOS:スーパー35mm – 24MP
  • 記録形式:6K CinemaDNGおよび5.2K Apple Prores
  • レンズマウント:DLマウント
  • 重量:450グラム
  • ダイナミックレンジ:15 EV
  • 無段階アイリス/絞り調整

Zenmuse X8

  • CMOS:フルフレーム– 40MP
  • 記録形式:8K CinemaDNGおよび6K Apple Prores
  • レンズマウント:DLマウント
  • 重量:510グラム
  • ダイナミックレンジ:17 EV

最後までご覧くださりありがとうございました。

SNSで共有していただけると幸いです。

コメント

  1. […] 2020年登場するかもしれないDJIのドローン […]

  2. […] 2020年登場するかもしれないDJIのドローン […]

タイトルとURLをコピーしました