iCatch (Sunplus) V55M chipset 性能表

未分類

1.概要

1.1。前書き

V55Mは、さまざまなハイエンドを可能にするシステムオンチップソリューションです。
DSC、アクションカメラ、自動車などのカメラアプリケーションカメラ、監視カメラなどに利用可能です。
それだけでなくデュアルコアARM Cortex-A7 CPUとOpenVG GPUだけでなく、
iCatchの第6世代の画像信号プロセッサを統合し、
H.265 / H.264コーデックとプログラム可能な画像処理およびコンピューター
ビジョンDSP。さらに、豊富なアクセラレーションエンジンのセットもV55Mに組み込まれ、
最先端のイメージをサポートします。
多軸EISや、マルチフレームスーパーレゾリューションなどの処理技術とHDRです。

V55Mには、さまざまなセンサーをサポートする1​​2のデータレーンがあります。
1200Mピクセル/秒でキャプチャされたインターフェイスと生画像データ、および
画像信号プロセッサはJPEGエンジンとシームレスに連携します
高速なバーストキャプチャを可能にするストレージメディアコントローラ
3億ピクセル/秒。オーディオコーデック、MIPI D-PHYおよびHDMI PHYは
システムBOMコストを最小化し、
設計の柔軟性を最大化します。接続のために、V55MにはUSBが付属しています
WiFiおよび4G / LTEモデム用のホストおよびスタンドアロンSDIOインターフェイス
ギガビットイーサネットのイーサネットMACも同様です。

最先端の画像パイプライン、インテリジェントなビデオ分析により、
低ビットレートのコーデックと高度な低消費電力テクノロジーであるV55Mは、
間違いなく提供するだけでなく、非常に効率的なプラットフォーム
驚異的な画質と究極の4Kビデオ体験だけでなく、
独自の機能で製品の差別化を実現します。

1.2用語

2.機能

2.1 CPU

最大800MHzのデュアルコアARM Cortex-A7プロセッサ
メモリ管理ユニット
coreコアあたり32KBのデータキャッシュと32KBの命令L1キャッシュ
256KB L2キャッシュ
64KB SRAM
NEON SIMDエンジンと浮動小数点ユニット

2.2 DRAM


内蔵32ビットDRAM
最大800MHzのプログラマブルDRAM速度

2.3 DMA

DRAM DRAMおよびCPUデータ転送用の3チャネルグローバルDMA
DRAM DRAM間のデータ転送用の2チャネルストレージメディアDMA
および記憶媒体
DRAM DRAMとのデータ転送用の4チャネルペリフェラルDMA
SDIO / SPI / I2C / UART

2.4 CSI / Lensインターフェイス

最大4200万ピクセルの解像度と12ビットの生データ
構成可能なセンサーインターフェイス、12レーンをサポート
レーンごとに1.5Gbpsまたは8レーンのMIPI / LVDS / SubLVDS / HiSPi
レーンあたり2.304GbpsのSLVS-EC
従来のパラレルCMOSイメージセンサーインターフェイス
クワッドセンサー入力のサポート
最大2つのSPIクロックレートの2つのI2C / SPIデュアル機能ポート
100MHz。 (I2C1、I2C2、SPI1、SPI2)
pixelピクセルレベルでの正確なフラッシュライトとメカニカルシャッター制御
16のLMIピン(4チャネル)とマイクロステッピングサポート
sensorセンサークロックソース用の専用PLL

2.5 iCDSP v6

6th世代の画像処理パイプライン
生データのキャプチャ速度は最大1200Mピクセル/秒
最大3億ピクセル/秒のピクセル処理速度
高精度低照度AFを備えた柔軟な3Aウィンドウ統計
videoビデオノイズのモーション補正時間フィルタリング(MCTF)
削減
contrastコントラストと詳細を備えたマルチステップ画像スケーリングエンジン
コントロールの保持
still静止画像およびビデオ用のデジタル安定化技術(DIST)
キャプチャー

リアルタイムマルチフレームHDRビデオ
image画像ズームのためのリアルタイムの超解像強化
リアルタイムの多軸電子画像安定化(EIS)および
マルチセグメントローリングシャッター補正(RSC)
高度な未加工ノイズと高ISOノイズ低減テクノロジー
オンザフライで位置ベースの不良ピクセル補正
レンズ歪み補正(LDC)および歪み補正エンジン
noiseノイズ低減を備えたマルチチャンネルレンズカラーシェーディング補正
crossクロストークとカラーによる優れた補間(モザイク解除)
エイリアシング抑制
256ビンY / R / G / Bヒストグラム
180軸の色相と彩度の調整
低ノイズ3D LUTカラー補正
横および軸上の色収差補正(CAC)
パープルフリンジ低減
センサービニング補正:バイリニア、バイキュービック、Bスプライン
リアルタイムアートフィルター–パンチ、ピンチ、バブル、波状、渦巻きプール、
モザイク、エンボス、木炭、油絵の具、ガラス、スケッチ、ロモ、NVG、
魚眼
モーションベースのオブジェクト追跡エンジン
高精度JPEGビットレート制御
エッジ強調オーバーシュート制御
デュアルコアの顔検出および追跡エンジン
赤目除去、瞬き検出、笑顔検出、顔
美化はすべてiCatch独自のソフトウェアによって可能に

2.6 ビデオDSP

400自動的にオフロードする最大400MHzのプログラム可能なエンジン
CPUからのCV(コンピュータービジョン)タスク
サードパーティ製の最適化済みライブラリの幅広いセット

2.7 加速エンジン

image画像用の再構成可能なMatrix Operation Engine(MOE)
強化再処理

2.8  H.265 / H.264

Hレベル5までのH.264 BP / MP / HPおよびH.265 MPをサポート
4 4K2Kp30 / 4K2Ki60でのリアルタイムのエンコードとデコード
H H.264 CABAC / CAVLCおよびH.265 CABACをサポート
I / P / Bスライスをサポート
multiマルチスライスをサポート
高度なビットレート制御
up最大8つの同時エンコーディングストリームをサポート

2.9  MJPEG

300最大3億ピクセル/秒の組み込みJPEGエンコードエンジン
up最大120Mピクセル/秒の組み込みJPEGデコードエンジン
still静止画像およびビデオ用の高度なJPEGビットレート制御
EX EXIF2.2画像データ形式をサポート
Motion 4K2K解像度までのMotion-JPEGをサポート
photo写真印刷用にDPOF1.1をサポート

2.10 オーディオ

組み込み16ビットステレオADC
組み込み16ビットステレオDAC
300内蔵300mW Class-Dスピーカーアンプ
audioオーディオ録音用のデュアル双方向I2Sインターフェイス
再生
audioオーディオ録音用の1つの単方向I2Sインターフェイス
サポートサンプリングレート– 8KHz、11.025KHz、12KHz、16KHz、
22.05KHz、24KHz、32KHz、44.1KHz、48KHz、96KHz
requestリクエストに応じてプログラム可能なオーディオコーデック– MPEG-1レイヤー1/2、
MP3、AAC、G.726
requestリクエストに応じてプログラム可能なオーディオフィルター–エコーキャンセラー、風
ノイズリムーバー、ズームノイズリムーバー
内蔵デジタルアダプティブイコライザー
ハードワイヤードALC(自動ラウドネス制御)機能

2.11 安全保障

A AES / DES / 3DES暗号をサポート
A AESの128/192/256ビットの鍵サイズ
fullフルチェーンECB / CBC / CTR / OFB / CFBをサポート

2.12 グラフィックス

OpenVG 1.1およびEGL1.4グラフィックアクセラレータ@ 200 MHz
6Mパス/秒および200Mピクセル/秒の処理が可能
sustainable 1080pで持続可能なパフォーマンスを実現するリアルタイムベクターグラフィック
最大4096X4096ピクセルの解像度をサポート
カラーフォーマット-RGBA5551 、、、 RGBA8888

2.13 表示

Casカシオ、AUO、ソニー、サムスン、TPO LCDをサポート
1080p LCDパネル用の最大4データレーンのMIPI DSIインターフェイス
アプリケーションプロセッサへの最大4データレーンのMIPI CSI2インターフェイス
L LCMモジュール用のi80 / M68インターフェイス
I ITU-R BTをサポートします。 601/656/1120デジタルビデオ出力インターフェイス
TVテレビへの直接アナログNTSC / PALコンポジットビデオ信号出力
3チャンネル(RGB)プログラム可能なガンマ補正
プログラム可能な輝度(コントラスト、明るさ)および
表示用のクロミナンス(色相、彩度)コントロール
デュアルディスプレイ機能(LCDおよびTV)
HDMI内蔵HDMI 2.0トランスミッター、4K2Kp60ビデオストリームをサポート

2.14ストレージメディアインターフェイス

2.14.1 NANDフラッシュコントローラー

S SLC NANDタイプをサポート
8 8ビットデータバス幅のパラレルインターフェイスをサポート
512 512バイトあたり1ビットECCおよび4/8ビットBCHをサポート
512 512B、2KB、4KBのページサイズをサポート
サポート動作クロック@ 104MHz
2.14.2 eMMCインターフェース
e eMMC v4.5およびV5.0に準拠

2.14.3 カードSD / MMCインターフェイス

1/4 1/4/8ビットデータバス幅をサポート
SDサポートSD / SDHC / SDXC / UHS-I
208 208MHzでSDクロックをサポート
M MMC / RS-MMC / MMCplus / MMCmobileをサポート
M MMCクロック@ 52MHzをサポート

2.14.4  SPI NORフラッシュコントローラー

1/2 1/2/4ビットデータバスでシリアルペリフェラルインターフェイス(SPI)をサポート

S SDRクロック@ 166MHzおよびDDRクロック@ 83MHzをサポート

2.15 周辺

2.15.1 USB

PHYオンチップPHYを備えたUSB2.0デバイスコントローラー、サポート
MSDC / SIDC / PictBridge / PTP / MTP
4 4K2K解像度とUVC / UACでPCカメラ機能をサポート
プラグ&プレイ
USB USBに準拠したUSB充電器検出機能
充電器仕様v1.2
オンチップPHYを備えたUSB2.0ホスト(EHCI / OHCI)コントローラー、
全速および高速伝送をサポート

2.15.2 GMAC

802.3イーサネットMACコントローラから外部PHY
10/10 10/100 / 1000Mbps MII / RMII / GMII PHYインターフェースをサポート

2.15.3 UART

per毎秒115200 bpsのボーレートの専用デバッグUARTポート
CPUコア(UART0、UART1)
ボーレートを備えた3つのフル機能UARTポート(フロー制御付き)
最大4Mbps(UART2、UART3、UART4)

2.15.4 SPI / I2C

3つのGSIポート(1ビットの汎用SPIインターフェイス)、1つ
それらはマスターモードのみをサポートし、他の2つはサポートします
マスターモードとスレーブモード。 SPIクロックレートはプログラム可能です。
最大25MHz。 (SPI3、SPI4、SPI5)
3つのI2Cポート、そのうちの1つはマスターモードのみをサポートし、
他の2つは、マスターモードとスレーブモード(I2C3、I2C4、
I2C5)
WiFi WiFiなどの外部デバイス用のスタンドアロンSDIOコントローラー
モジュール

2.15.5 タイマー

alarmアラーム付きの組み込み低電力リアルタイムクロック(RTC)
関数
32- 32バイトのメモリとシステムウェイクアップ機能を備えたRTC
watchウォッチドッグ機能を備えた16個の汎用タイマー

2.15.6  SAR ADC

142 142KHzサンプリングの6チャネル12ビット汎用ADC
チャネルあたりのレート

2.15.7  MISC

6つのPWM出力ピン
5 5つの電源オンソース(2つの立ち上がりエッジ)を持つコントロールユニットの電源オン
トリガーされ、3つの立ち下がりエッジがトリガーされます)
オンチップ温度計
JTAGインターフェース

2.16 ブートオプション

NAND / SPI / eMMCフラッシュメモリ/ SD / USB

2.17 パッケージとパワー

1.8〜3V I / O電源
0.9Vコア電源
パッケージ:MCM(HSBGA)-433 15x15x1.6 mm
鉛フリー、ハロゲンフリー、RoHS 2.0準拠(EU-ROHS 10
物質)

3.ブロック図

3.1 ブロック図

次の図は、V55Mの内部構造と
外部デバイスへの一般的な接続。 V55Mカーネルは、
6つのモジュール、CPU、GPU、iCDSP、ビデオDSP、H.265 / H.264 / JPEG
コーデックと加速エンジンのグループ。 交通管制官
6つのモジュールの間に座って、すべてのデータ転送を担当します。
カーネルは、多数の周辺モジュールに囲まれています。
USBコントローラー、ディスプレイコントローラー、センサーインターフェイスコントローラーおよび
もっともっと。

4. 機能の説明

4.1。 CMOSセンサーインターフェース

V55MはMIPI CSI2、SLVS-EC / LVDS / SubLVDS / HiSPiおよび
従来のパラレルセンサーデータ入力。最大12個のデータがあります
シリアルセンサーインターフェース用のレーンであり、完全に構成可能です。の
12データレーンは、最大4つをサポートするために4つのセットに分割できます。
同時にセンサー入力。 CMOSセンサーインターフェイスピンは、
使用しない場合は、GPIOとしても構成できます。

速度とデータ形式

4.2レンズ/センサー制御インターフェース

V55Mには4セットのマイクロステッピングレンズモーター制御インターフェースがあり、
各セットには4つのピン(LMI0〜LMI15)があります。 LMIの他に、V55M
プログラム可能なシュミットトリガーを備えた6つの追加入力ピン
入力パルスカウント用のウィンドウ(LMI16〜LMI21)。
シリアル制御インターフェースの場合、V55Mは2つのI2Cと2つの
SPIエンジン。 IOピンは他の機能と同じピンを共有します
TGGPIO、LMI、およびLVDSインターフェース全体で、完全にユーザー
プログラム可能。詳細については、ピン配置セクションを参照してください
割り当て。
LMIおよびシリアルインターフェイスに加えて、V55Mには専用の
センサーソースクロック(MCLK)、フラッシュライト、および
メカニカルシャッターコントロールとイーサネットMACインターフェイス
LMI GPIOピン。

4.3。表示インターフェース

V55Mは、さまざまなディスプレイデバイスをサポートしています。
LCD / LCM:AUO、CASIO、Samsung、UPS051
MIPI DSI:デュアルMIPI DSI LCDパネル(注1)
MIPI CSI2:YUV422およびユーザー定義モード(注2)
デジタルビデオ:CCIR656、CCIR601、BT1120
コンポジットビデオ:NTSCおよびPAL
HDMI:超高精細テレビ出力用
上記のすべてのインターフェイスの中で、コンポジットビデオとHDMIには
専用ピン、LCD、LCM、MIPI-DSI、MIPI-CSI2、および
デジタルビデオは同じインターフェイスピンのセットを共有します。
V55Mには、ディスプレイデバイス用の2つの出力インターフェイス、DISPLAY0および
ほとんどの場合、同時にアクティブ化できるDISPLAY1
アプリケーションモード。 DISPLAY0はLCD、LCM、MIPI-DSI、
DISPLAY1時のMIPI-CSI2およびその他のデジタルビデオ出力
LCD、PAL / NTSCコンポジット、MIPI-DSI、MIPI-CSI2、HDMI、
およびその他のデジタルビデオ出力。
V55M
LCD / LCM / MIPI-DSI / MIPI-CSI2
ビデオストリーム1 LCD / PAL / NTSC
/ MIPI-DSI / MIPI-CSI2 / HDMI
ビデオストリーム0
アプリケーションモードによっては、
同時表示。
NTSC / PALビデオ出力用に、V55Mにはオンチップの10ビットビデオDACがあります。
HDMI出力の場合、V55MにはHDMI 2.0 PHYが内蔵されています。
CEC(Consumer Electronic Control)機能をサポートするインターフェース。
注1:MIPI DSIデュアルパネルでは、一度に1つのパネルのみを表示します
注2:MIPI CSI2またはMIPI DSIを同時にサポート

4.4 オーディオインターフェース

V55Mは、内蔵オーディオADCでステレオオーディオ入力をサポートします
(差動入力の1ペア)、内蔵の1つのスピーカー出力
300mWアンプ(1つの差動ペア)、1つのステレオTVライン出力および
外部オーディオコーデックに接続する1つのI2Sデジタルインターフェイス。の
デジタルI2Sインターフェイスは、一部のGPIOと同じピンを共有しますが、
他のアナログインターフェイスには専用のピン割り当てがあります。の
LINEOUT_MUTEピンを使用してラインアウト信号をプルダウンし、
SoCの電源投入時にポップノイズを防止できます。

4.5 DRAMコントローラ

DRAMコントローラは、組み込みデバイスへのアクセスパスを提供します
すべての内部モジュールのメモリと内部データトラフィックを制御します。
V55Mは、MCMを使用して最大800 MHzのDRAMを内蔵
パッケージ構成。

4.6 USBインターフェース

V55Mには、1つのUSBデバイスコントローラーと1つのUSBホストが含まれています
フルスピードUSBとハイスピードUSBの両方をサポートするコントローラー
仕様。 USBデバイスコントローラーは、4種類すべての
USBパイプ–制御、割り込み、バルク、アイソクロナス。典型的な
アプリケーションでは、1つはUSBデバイスとして使用され、もう1つは
USBホスト。 USBデバイスインターフェイスにより、V55Mにアクセスできます
PCなどのUSBホストにより、USBホストインターフェイスにより、
USB WiFiドングルなどの外部USBデバイスにアクセスするV55M。
または、2つのインターフェースを両方ともUSBとして構成できます。
ホスト。この状態では、2つのインターフェースは
タイミングを共有する方法。

4.7。 PWRC

V55Mは5つのパワーオン入力ソースをサポートし、そのうち2つは
立ち上がりエッジがトリガーされ、他の立ち下がりエッジがトリガーされます。の
PWRCには、出力ピン(DC2DC_EN)があり、
外部電源モジュール。バッテリーを監視するための入力ピンもあります
電力(BAT_MSRおよびBAT_FB)および電力からの出力電力
モジュール(DC2DC_FB)。

4.8。 SAR ADCおよびタッチパネルインターフェイス

V55Mは、6チャネルの12ビットSAR ADC入力(SARIN0〜
SARIN5)は、カメラのUI制御に使用できます。サンプリング
SAR ADCのレートは142 KHzです。

4.9。汎用IOおよびPWM

V55Mには20本のGPIOピンがあり、そのほとんどのIOピンはプログラム可能です
デフォルト機能を使用しない場合はGPIOとして。ただし、これら
20個のGPIOピンには、IIS、UARTなどの代替機能もあります。
そしてPWM。 V55Mはシステム用に最大6つのPWM出力をサポート
応用。

4.10。 ストレージメディアインターフェイス

このインターフェイスは、すべてのストレージメディアピンおよび他の周辺制御ピンのピンを多重化します。 FMIF32〜FMIF40は、
パワーオン構成用のIOトラップピン
ストレージメディア:NANDフラッシュメモリ、SPIシリアルフラッシュメモリ、SD、eMMC、メモリースティック、メモリースティックプロ。
周辺機器:SDIO
周辺シリアル制御:3つのUART(フル機能)、3つのSPIおよび3つのI2C
その他:EJTAG、CPUバス、外部デバイス用26MHzクロック出力

5.信号の説明

この章では、V55Mのピン配列について説明します。 通常はシングル
ピンには、さまざまなアプリケーションのための多くの代替機能があります。 の
詳細は、以下の表にすべてリストされています。

5.1  IO buffer type

5.2 ピン図

5.2.1 BGAパッケージタイプ(上面図)

7.パッケージINFROMATION

7.1 パッケージ寸法

9.免責事項

この出版物に記載されている情報は正確であると考えられています。
iCatchが販売する集積回路は、販売条件でのみ規定されている保証および特許補償規定の対象です。
iCatchは、この出版物に記載されている情報または自由に関して、明示、黙示、または説明により、いかなる保証も行いません。
特許侵害からの記載されたチップの。さらに、ICATCHは商品性または
あらゆる目的への適合。 iCatchは予告なしにいつでも生産を停止するか、仕様と価格を変更する権利を留保します。
したがって、ご注文の前に、本書のデータシートおよびその他の情報が最新のものであることを確認してください。
ここに記載されている製品は、通常の商用アプリケーションでの使用を目的としています。異常な環境または
信頼性要件、たとえば軍事機器や医療生命維持装置は、追加のなしでは特に推奨されません
そのようなアプリケーションのためのiCatchによる処理。このドキュメントに示されているアプリケーション回路は参照のみを目的としています。

コメント

  1. […] SoC : Sunplus iCatch V55M […]

  2. […] Technology社製 V55M […]

  3. […] […]

  4. […] : Sunplus iCatch V55M SPCA […]

  5. […] : Sunplus iCatch V55M SPCA […]

タイトルとURLをコピーしました