DJIが新製品のカウントダウン!新MavicAir2か

未分類

DJIの公式サイトにカウントダウンページが登場

↓です。

DJI - ドローン/クワッドコプター 空撮システムのパイオニア
容易に飛ばせるドローンおよび空撮システムのマーケットリーダーとして、PhantomのようなDJIのクアッドコプターが消費者向けドローン技術の標準になっています。

「飛躍せよ」から、新しいドローンが登場するのではないかと推測できます。

↑から、元のMavic Proなどの以前のDJIドローンと比較して、ドローンの上部の形状が丸みを帯びた上品な形状になっていることがわかります。また、通常の垂直線ではなく、ダイヤモンド型の新しいバッテリーレベルインジケーターライトを確認することもできます。デザインは以前のリークとあまり似ていないように見えますが、これは単に動画の角度が原因である可能性があります。または、それと一緒に別の新製品が発売されるでしょう。

Mavic Air 2は、元のMavic Airの2375mAhバッテリーと比較して、3500mAhのサイズの大きなバッテリーが搭載されることをすでに知っています。Mavic Air 2には上向きの障害物センサーは含まれません。つまり、Mavic Airラインは引き続きコンシューマーグレードのドローンであり、すべての機能を探している場合、DJI Mavic 2およびMavic 3シリーズは頼りになります。

DJI Mavic Air 2のコントローラーの画像から、DJIが大幅に設計変更され、電話マウントがコントローラーの下部から上部に移動したことがわかります。この変更は、スマートフォンを手に持っているだけでなく、何かしっかりしたものを持っているので、コントローラーが手に馴染むように見えます。また、新しいコントローラーの下面にはかなりのヒートシンクがあり、DJIのOcuSync 2.0伝送テクノロジーの背後にあるハードウェアを冷却するために使用できます。

速報:DJI Mavic Air 2の写真が流出

新しいDJI Mavic Air 2であるに違いないとであろう画像がリークされています。

DJI Mavicラインナップのこの新しいドローンは、今年4月に発表されると噂されています。

写真からわかるように、ドローンはDJI Mavic 2シリーズに非常によく似ています。

新しいDJI Mavic Air 2に違いないもののこれらの写真が、

OsitaLVによってTwitter でリークされました。

初代のDJI Mavic Airは2018年1月に発売され、後継機種が遅れています。

最初に目立つのは、このドローンがDJI Mavic 2シリーズのデザインにどれほど似ているかです。

これは新しいDJI Mavic Air 2のリークとされる画像です。

画像を詳しく見て、確認しましょう。

デザイン

まず、デザイン、色、素材はDJI Mavic 2シリーズに非常によく似ています。

DJI Mavic 2シリーズは、非常に頑丈で頑丈なドローンです。

DJI Mavic Air 2にも、これらの強みを活かすようです。

DJI Mavic Air 2には、DJI Mavic 2シリーズと同じサイレントプロップがあります。

その下に、航空機の下部に、いくつかのセンサーがあります。

こちらもDJI Mavic 2シリーズに非常に似ています。

LEDライトのほか、デュアルビジョンシステム、赤外線検知システム、下部補助ライトが、暗い場所で下向きセンサーを支援します。

すべてはDJI Mavic 2シリーズから引き継がれたようです。

ドローンの下には、MAVICという名前も表示されています。

カメラ&ジンバル

ジンバルとカメラのセットアップは、DJI Mavic 2 Proで知っているデザインと同じように見えますが、写真をよく見ると、センサーのサイズが小さいようです。

1インチのセンサーではないとされています。

このサイズですからね。

スペックに関しては現時点ではあまり知られていませんが、

DJI Mavic Air 2には360度の障害物回避機能があるようです。

新しい写真では、無人機の背面にも2つのセンサーがあります。

昨年、DJIは250グラムを超えるすべてのドローンにADS-B Inを搭載し、

ドローンがADS-B Outを装備していると想定して近くの有人航空機を拾うことができると発表しました。

そのような航空機が検出されると、DJI Go 4アプリを介して操縦中のパイロットに警告が通知されます。

DJI Mavic Air 2は、ADS-B In機能を装備した最初のDJI消費者ドローンになると思われます。

コントローラー

コントローラー を見てみましょう。

これは、第1世代のDJI Mavic Airコントローラーとは大きく異なります。

DJI Smart Controllerとほぼ同じ形状で、ディスプレイはありません。

さらに、今回は、スマートフォンをコントローラーの下部に取り付ける代わりに、デバイスが上部に接続されるようです。

より取り付けやすくなるようです。

リモートコントローラーには、

  • ファンクションボタン
  • リターンホームボタン
  • 三脚用スイッチ
  • 通常およびスポーツモード
  • オン/オフスイッチ
  • ビデオ/写真ボタン
  • 4つのバッテリーステータスインジケーターライト

が、搭載されるようです。

機体後方

↑の写真は、後方障害物回避センサーがあることを示しています。

新しいDJI Mavic Air 2についてどう思いますか?

↓の記事も併せてご覧ください!

2020年登場するかもしれないDJIのドローン

日本で発売する!

こちらより引用

技適マークがついています。

日本で売ること間違いないようです。

バッテリー容量が増える

こちらより引用

ラベルから、新しいMavic Air 2のバッテリーの電圧とアンペア数が確認できます。Mavic Air 2は11.55v 3500mAhバッテリーを搭載し、1,125mAhの大幅な増加を実現します。3セルLiHVですね。LiHVというのはLiPoの電圧を高めた設計のバッテリーです。現存のMavic Airの公式飛行時間は21分でした。MavicAir 2の新しいより大きなバッテリーは、飛行時間を30分近くにできるようです。

OcuSync2搭載

これはドローンからの映像をリアルタイムで、スマホのついた送信機に送るための技術です。

現在のMavicAirは拡張WiFiを使用しているため、送られてくる電波がMavic2Proなどに比べると弱く途切れる場合があります。

しかしOcuSync2によってかなり改善されるのではと予想しています。

編集後記

これは欲しい。

次こそはAmbarellaSoCを搭載してほしい!!

さて、どんなSoCが搭載されるのだろうか?

Ambarella H3?

様々なカメラ&ドローンの動画圧縮SoCとイメージセンサ一覧

画像&情報ソース

OsitaLV氏

DroneDJ

コメント

タイトルとURLをコピーしました