おすすめのアクションカメラ9選

ガジェット

アクションカメラオタクの技術箱が、おすすめのアクションカメラをご紹介します。

画質最優先

Yi 4K+

Yi4k+ こちらより引用
SoCAmbarella H2
イメージセンサーIMX377
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 60FPS・4K / 30FPS・1080P / 120FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角155°
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth 4.0
対応アプリAndroid、iOS
画面2.35インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能
I/OUSB-C / HDMI /外部マイク
Ram2G
価格¥29,782 

こちらが、現在個人が簡単に入手可能なアクションカメラの中で

最も高画質なアクションカメラといってもいいでしょう。

SoCにはAmbarella社が誇るのハイエンドクラスのH2チップが搭載されています。

世界で唯一H2チップを搭載したアクションカメラです。

本来8K30Fps/4K120Fpsで撮影できる性能を持っていますが、

発熱の問題か4K30Fpsまでとなっています。

Gopro Hero7 Black

AliExpress.com Product – GoPro Hero 7 Black Dusk White Waterproof Action Camera Ultra HD 4K 60fps video Go Pro Hero 7 Wifi Sport Cam 12MP Photo Live

SoCSocionext GP1
イメージセンサーIMX277
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 60FPS・4K / 30FPS・1080P / 240FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角170°
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面2.35インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能音声制御オブジェクト認識ターゲット認識
I/OUSB / HDMI /外部GPS /外部マイク
消費電力
価格役30000円

アクションカメラの代名詞ともいわれるGoPro。

実はHero6,7,8すべて搭載しているSoCはSocionext GP1です。

Socionextは富士通とPanasonicのLSI部門が合併した会社です。

SonyとCanon以外の国内メーカーのカメラは、

Socionextが設計するMilbeaut(ミルビュー)を元にSoCを設計しているらしいです。

Hero6は搭載しているRamが小さいため、HyperSmoothには非対応となっています。

Hero7とHero8の手振れ補正性能は誤差みたいなもんなので、

買うなら値段が圧倒的に安いHero7がおすすめです。

アクセサリの問題でHero8を選んでもいいと思います。

ただ、もうすぐGP2を搭載したHero9が出そうですのでそれも気になります。

Insta360 One R

AliExpress.com Product – Insta360 ONE R Twin Edition new sports Action Camera 5.7K 360 4K wide angle waterproof video camera

SoCAmbarella H22S85
イメージセンサーIMX283
有効画素数2030万画素
ビデオ解像度5312×2988@24/25/30fps,
3840×2160@24/25/30/60fps,
2720×1530@24/25/30/60fps,
1920×1080@24/25/30/60/120fps
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV14.4mm(35mm換算)
Wi-Fi5G / BT4.0
対応アプリAndroid、iOS
画面
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K60FPS
高度な機能
I/OUSB / HDMI /外部マイク
消費電力
価格約6万円

Insta360 One Rの最大の特徴は、1インチセンサーを搭載していることです。

SoCはAmbarella H22とAmbarella H2より劣るものの、

センサーサイズが多きいことによってダイナミックレンジの広さや暗所撮影性能に優れます。

SJ9 Strike

AliExpress.com Product – Original SJCAM SJ9 Series SJ9 Strike SJ9 Max GYRO Body Waterproof 4K Action Camera Live Streaming 2.4G Wifi Sports DV

SoCAbarella H22S85
イメージセンサーIMX377
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 60FPS・4K / 30FPS・1080P / 240FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能
I/OUSB / HDMI /外部マイク
消費電力
価格28,980

中華アクションカメラといえばSJCAMですよね~(?)

SoCとセンサーは中華ではよくある組み合わせのAmbarella H22とsony IMX377です。

しかしソフトウェアがしっかりと作られており、

搭載しているRamも大容量なので非常に強力な6DoF ジャイロEISを使用することができます。

GKU Vision hi3559AV100搭載カメラ

SoCHi3559A / Hi3559C
イメージセンサーIMX277
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 120FPS・4K / 60FPS・4K / 30FPS・1080P / 240FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角170°
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面2.35インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K60FPS
高度な機能音声制御オブジェクト認識ターゲット認識
I/OUSB / HDMI /外部GPS /外部マイク
消費電力4W
価格アリババで10万円

ネタなのかよくわかりませんが、どこにも売ってません。

シネマカメラBMPCC4Kと同じであるといわれる、ハイシリコン(hisilicon)製のSoC

Hi3559AV100を搭載してるらしいです。

性能をフルで使って4K120Fpsと世界最高の性能を発揮できるようです。

また、4K30FpsではRaw記録もできるとの情報もありましたが、

ストレージどうなってるんでしょうか?ww

コスパ最優先

Xiaomi Seabird 4K

AliExpress.com Product – Original SEABIRD 4K/30fps 720P 12Mp Sport Action Camera Small Cam Wifi App Control 145 Degree Waterproof Diving Multiple Shots

SoCHi3559
イメージセンサーIMX277
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 30FPS・1080P /60FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角145°
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面2.35インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能
I/OUSB / HDMI /外部マイク
消費電力2.3W
価格約1万円

こちらもハイシリコン製SoCを搭載しています。

hi3559 V100と言う物です。上で紹介したhi3559AV100と、性能は雲泥の差です。

V100のほうは4K30Fpsまでですが、AV100のほうは8K30Fps/4K120Fpsまで処理できます。

Yi4k

SoCAmbarella A9SE75
イメージセンサーIMX377
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 30FPS・1080P /60FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角155°
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面2.19インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能
I/OUSB / HDMI /外部マイク
消費電力2.3W
価格約8千円

Ambarella A9 SE75というSoCは、アクションカメラ用に開発されたといわれています。

そのため手振れ補正が強く、コスパもいいです。

Leadedge V39

製品名Leadedge V39
SoCiCatch V39
イメージセンサーIMX078
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K 60/30Fps
2.7K 60/30Fps
1440P 60/30Fps
1080P 30/60/120Fps
720P 240/120/60/30Fps
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角150° F2.4
Wi-Fi2.4G a/b/g/n/ac RTL8189
対応アプリAndroid、iOS
画面2.4インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K60FPS
高度な機能
I/OUSB Type-C / HDMI /カードスロット
消費電力3W
バッテリー3.7V/1350mAh
対応言語中国語/英語/ドイツ語 など
動画コーデックH.264/H.265
価格6000円

わりと最近出回ってきたSoC iCatch V39を搭載したカメラです。

特徴は、値段の割に手振れ補正が超強力なこと。

手振れ補正が強い格安カメラが欲しい方に最もお勧めです。

Vantop Moment 6S

SoCAmbarella H22S85
イメージセンサーIMX377
有効画素数1200万画素
ビデオ解像度4K / 30FPS/60FPS・1080P /60FPS
ビデオエンコーディングH.265 / H.264
レンズFOV広角170°
Wi-Fi2.4G / 5G / BT
対応アプリAndroid、iOS
画面2.19インチHDタッチスクリーン
手ぶれ補正6 DoF-EIS @4K30FPS
高度な機能
I/OUSB / HDMI /外部マイク
消費電力
価格18000円

こちらもド定番の組み合わせH22+IMX377ですね。

しかし価格が149.99 USD となっています。2万円以下で購入可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました