32インチの4Kモニターを導入 HDRは最高だが・・・

未分類

今回購入したのはPhilipsの326M6vjrmbというものです。

以前は4K27インチのものを1枚使用していましたが、それを売却して今回の32インチのものを購入してみました。

以前使用していたものと、性能を比較するとこのような感じです。

項目27UL500W (LG)326M (Philips)
解像度3,820×2,1603,820×2,160
画面サイズ(対角)27インチ32インチ
最高輝度(HDR)350nit600nit
パネル方式IPSVA
コントラスト比1000:13000:1
色域sRGB 98%sRGB 100%
DCI-P3 98%

特徴

4K32インチ

今まで使用していたものは27インチでした。

使用しているソフトが複雑なUIなので(DaVinciのこと)できるだけ100%で使うようにはしていましたが、やっぱり目が疲れます。

そこで、ひとまわり大きい32インチ4Kを探してみました。

解像度が4Kというのは絶対条件です。

HDR600認証

HDRコンテンツを楽しんでみたかったので、HDR600認証以上のものを選びました。

っていうか、HDR600で一番安かったのがこれなんですけどね。

HDR600の600は600nitの600で、少なくとも600nitの明るさが出るということです。

VAパネル

技術箱は今までIPSパネルメインで使っており、たまにTNパネルのノートパソコンを使っておりました。

IPS>VA>TNの順で視野角が広いです。

TNが糞っていうのはノートパソコンで学んだのですが、VAは一度も触ったことがなかったので、試しに買ってみた感じです。

いい点・ダメな点

今回は別に提供でもなんでもなく自腹購入なので、思ったことを好き勝手言います。

Windowsの拡大率100%で常用できる(32インチのサイズ感は素晴らしかった)

遂に、4Kで100%表示でも問題なく文字が読めるようになりました〜

今まで100%だと読みづらかったですからね。

ただその分ディスプレイのジャギーは普通に見えます。

モニターと目の感覚を60cmは空けた方がいいですね。

600nit出るしP3ほぼカバーなのでHDR映像は素晴らしく高画質で見れる

↑のようなHDRコンテンツを再生したときに、最高で600nit出せます。

HDR映像の表現力は大変すばらしかったです。

とにかく綺麗なんですが、現在ビデオカードを売却してしまっていてまともに再生できる機器がないのが非常に残念なところです。早くビデオカード値下がらないかなぁ…

VAの視野角は想像以上に狭かった

VAの視野角は、正直にいうと想像以上に狭かったです。

モニターから50cm以上は目を離してはいますが、それでも端の方の色が変です。

端の方はコントラストが低くなっており、非常にみづらいです。

垂直に見れば残然大丈夫なんですけどね。

パソコン使用時に、中心から左下を見ると↓のように見えます。(さすがに目が疲れる)

HDRモード使用時のUI(特に白)がぎらつく

HDRモード使用時のUI(特に白)がぎらつきます。

具体的には、白を表示しているのに白じゃない色が出ているピクセルがあるようです。

HDRの動画を再生しているときは気にならないので、そういうもんなんだと思いますが、今まで普段からずっとHDRモードは有効化していましたが、こまめに切り替えることになりそうです。

感想

とにかくHDR映像が素晴らしく、HDRの映画コンテンツやHDRのゲームをメインでされる方に非常におすすめです。

しかし視野角が狭く、ぎらつきもあるため、動画編集の画面やWeb閲覧・オフィス作業などには向かないと思いました。(HDRモード時)

購入リンク

326M(Amazon)

コメント

タイトルとURLをコピーしました