HolyStone HS175D をレビュー 5%offクーポンあり

ドローン

Holyton HT25を購入

今回はHolyStoneさんのHS175Dをレビューします。

今回は程よい大きさのダンボールに、ちょうどいい量の緩衝材で梱包されていました。

多少の衝撃でも壊れなさそうです。

開封

箱の中には持ち運び用のケースがあり、持ち運びが大変便利です。

取っ手の部分はかなり作りが良かったです。

屋外用ドローンらしい配慮ですね。

ドローン本体とコントローラーを並べた様子です。

折り畳めることで、とてもコンパクトになります。コントローラーも折り畳まれていて、持ち運びが容易です。

バッテリーは2本付属です。電圧は7.6Vとなっており、Li-Po2セルです。

バッテリー1つで23分の飛行が可能です。

替えのプロペラやドラーバーなども付属しています。

プロペラが破損しても安心です。

↓機体をいろいろな角度から撮りました。

バッテリーの差し込み口からみた感じ、しっかりとセルのセルの電圧を確認しているようです。

バッテリーはバネ式のロックでしっかりと固定できますが、取り外しは容易でした。

プロポ(コントローラー)はこのような感じです。

珍しく、アンテナを起こすタイプです。

また、ドローン本体だけでなくプロポ側もLi-Poバッテリーが搭載されており、USB端子で容易に充電ができます。この点かなり好印象です。

説明書もしっかりと日本語対応済みです。もちろん日本人の技術者が書いたような日本語ではないですが、意味は十分理解できます。

バッテリー充電中の様子です。

モーター下部にはLEDライトがついており、機体の状況を確認できます。

機体を折り畳むとこのような感じになります。(後ろ側)

機体下部には折りたたんだ時・展開した時に機体を支えるゴム足と、非GPS環境下における姿勢維持用のビジョンポジショニングセンサーが搭載されています。

ビジョンポジショニングセンサーに加えてGPSも搭載されているので、さまざまな環境でトイドローンではトップクラスの安定性を発揮します。

モーターにはブラシレスモーターが搭載されています。

ブラシレスモーターというのは名前の通りブラシがついていない構造になっており、ブラシの代わりにマイクロコンピュータとMOSFETで回転制御を行います。

一般にブラシレスモーターが中型〜大型のドローン、コアレスモーターが小型のトイドローンに搭載される傾向にあります。

実際に飛ばしてみた

HS750Dに搭載されたカメラの映像

カメラをプロポ(リモコン)側から角度変更できるので、真下を撮影できます。

ちょっとした記録なんかには使えそうですね。

↑がHS750Dに搭載されたカメラによる映像です。

正直、想像以上にきれいでした(*’▽’)

ホバリングテスト

トイドローンなら簡単に流されてしまい、コントロールできなくなってしまいそうなくらい風が吹いていましたが、GPSによりしっかりとホバリングしていました。

もう少し風がない日に飛ばせばもっと安定すると思います。

購入リンク

5%割引コード:Q78JR88J(製品ページに記載しているクーポンと一緒に利用可能)
有効期間:2021年9月2日 AM 1時から2022年2月28日 PM 11時59分まで。 割引コードの利用方法:お支払い方法選択画面で「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」の欄に割引コードを入力しますと5%割引が適用されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました